円筒形マグネットシートセパレータ

 多様なブランク材に対応するため、磁力作用面を円弧状にしたものです。雲形や弓形など異形ブランク材の分離に適しています。 標準で強力な希土類磁石を使用することで、角型マグネットシートセパレータと同等以上のセパレート能力を有します。
本体を回転させることで磁力の調整が容易に行えます。シートの入れ換え作業等で有利です。

PMSSの名称説明
円筒形マグネットシートセパレータ図

1.形状 2.寸法1
PM:円筒形
DM:半円筒形
D:ケース外径(mm)
H:ケース高さ(mm)
4.取付方法 5.オプション※1 6.磁石仕様
無記号:標準
HJB:上下ヒンジボス付
HJH:上下ヒンジ穴付
BKT:ブラケット付

>>詳しくはこちら

ADJ:磁力調整式
AIR:エアブロー式
CYL:エアシリンダON/OFF式
RAT:ラチェット付
TP:テーパ付
TSW:タッチスイッチ付

>>詳しくはこちら

無記号:強力型希土類仕様が標準です

F:弱磁力型
S:強力耐熱型

※1複数選択する場合はアルファベット順に表記して下さい。

円筒形マグネットシートセパレータ(PMSS)製作例

セパレート能力

テスト鉄板サイズ300mmx600mmのSPCCに、PMSS型マグネットシートセパレータを1ヶ設置し測定したものです。

PMSS-60.5x150 各シート毎の間隔

 上から1〜2枚目、2〜3枚目、と各シート毎の間隔を表します。

(単位:mm)
型式 テスト鉄板板厚
0.6t 1.0t
1〜2枚目 27 25
2〜3枚目 11 7
3〜4枚目 6 0

PMSS-101.6 のセパレート能力表

 上から1〜2枚目、2〜3枚目の間隔を表します。

(単位:mm)
板厚 PMSS-101.6x200 PMSS-101.6x120
1〜2枚目 2〜3枚目 1〜2枚目 2〜3枚目
0.5t 145.6 120.6 33 24
0.8t 148.3 124.3 34 25
1.0t 141.3 120.6 35 24
1.2t 134.0 114.0 30 25
1.6t 115.3 100.3 30 25
2.0t 105.3 92.3 29 23
2.3t 100.3 88.6 25 20