HOME >> サービス情報 >> 代表的な永久磁石の減磁曲線

代表的な永久磁石の減磁曲線

下記に代表的な永久磁石の減磁曲線を示します。
例えば「1.アルニコ磁石」は、残留磁束密度は高いものの、保磁力が低いことが一目で分かります。 また、プラスチック磁石よりもフェライト磁石、フェライト磁石よりも希土類磁石の方が、磁気的には高性能と視覚的に分かります。

代表的な永久磁石の減磁曲線

磁石の種類 残留磁束密度
Br(G)
保磁力
Hc(Oe)
最大エネルギー積
(BH)max.(KGOe)
1.アルニコ磁石 11500 1600 11000
2.等方性フェライト磁石 2200 1900 1100
3.異方性フェライト磁石 4400 2800 4600
4.プラスチック磁石 2000 1900 1100
5.希土類サマコバ磁石 11200 6700 31000
6.希土類ネオジウム磁石 13000 10000 40000